1分でわかる!ヨクイニンとハトムギの違いについて

突然ですが、皆さんはヨクイニンとは何かご存知ですか?
最近、ヨクイニンはイボ改善にいいと言われていて人気ですよね。
しかしヨクイニンはハトムギとも関係があるようです。
この二つはどのような違いがあり、どのように関連しているのでしょうか。

○ヨクイニンとハトムギは実は同じものだった?
どちらも健康や美容に良さそうですが、具体的な違いや特徴については知らない人も多いでしょう。
ヨクイニンとハトムギでしたら、ハトムギの方が馴染み深い人も多いのでは?

ハトムギと言えばお茶に含まれる成分としてよく知られていますよね。
美白・美肌効果に優れるとして女性からも注目されています。

一方でヨクイニンは漢方薬として用いられるもので、ハトムギの皮をとった種から作られているものです。
そばかすやにきび、シミを改善してくれる働きが高いとして注目されています。

ヨクイニンとハトムギは名称が違うので全く違うものと思われてしまいますが、実は同じものだったのです!

○どうしてヨクイニンとしてハトムギで名前が違うの?

二つとも同じものならどうして呼び方を変えてしまうのか気になりますよね。
実はこれはハトムギの皮がついているかついていないかの違いによるものでした。
ハトムギの皮をとらないものととった後のものを区別するために名前を変えているのです。

ヨクイニンは、ハトムギの皮を取ったもので、ハトムギはまだ皮をとっていないそのままの状態です。
ヨクイニンはハトムギの皮をとっている分、効果もそれだけ大きくなります。
そのため、より大きな効果を得たいなら、ハトムギよりも皮なしのヨクイニンを利用した方がいいという事になりますね!

○ヨクイニンはイボとり効果が大きい!
ヨクイニンはハトムギ茶や漢方薬、薬膳料理などの他、化粧品にも含まれることもあり、万能な成分です。

ヨクイニンの代表的な効能と言えばイボ取りです。
また、漢方薬のヨクイニンは下痢症状の改善やむくみを和らげてくれる働きもあります。

その他ヨクイニンは薬膳料理に含まれることもあり、デトックス効果を高めてくれるので、昔から健康のために利用されてきました。
ヨクイニンの生産はもともとミャンマーやインドでされていて、中国ではお米の代わりに食べられていたとか。

○ハトムギは美肌効果が高い!

ヨクイニンはハトムギ茶として効果を発揮してくれる場合もあります。
ハトムギもヨクイニンと似てシミやくすみ改善して美肌促進してくれますが、代表的な効果と言えばやはり美白効果でしょう。
ハトムギ茶などお茶に使われる事が多く、飲んでいると肌に透明感が増してきます。
お茶以外にも化粧品・コスメなどに用いられる事も多いです。

○より効果を期待したいならヨクイニンを、ゆるやかでいい場合はハトムギ

穏やかに効果を与えたい場合には皮つきのハトムギがおすすめです。
イボを取りたい時も、少しずつ薄くしていきたいなら、ハトムギを配合した美容液を使ってイボ解消していくといいでしょう。

そしてもしも効果に納得しなかった場合には、皮なしのヨクイニン入りの美容液で効果を高めてみるのがいいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする