艶つや習慣は安全?副作用の有無について

自宅でイボケアするなら、オールインワンジェルの艶つや習慣がお手軽です。
顔だけではなく、体にも使える! イボケアだけではなく、保湿などスキンケア効果もあり! なのです。

でも、効果があるアイテムって、その分、副作用があったりしないか不安になりませんか?

また、角質ケアによってイボの症状を緩和させていくアイテムですので、薬ではありませんし、緩和までに時間がかかります。
ターンオーバーの関係で、目安の継続使用期間としては3ヵ月以上とされています。
3ヵ月以上も毎日使うものだから、しっかりと知っておきたいですよね。

そこで、艶つや習慣の副作用についてリサーチしました。

-副作用のある成分は入っている?
艶つや習慣の目玉成分としましては、何と言っても、
・アンズエキス
→乱れてしまったターンオーバーを整える作用があり、老化を防ぐ効果もあるとされている成分です。
ターンオーバーの乱れによって発生した加齢が原因のイボにも効果が期待できます。

・ハトムギエキス
→生薬として昔からイボを含む肌荒れ改善のために使用されてきた成分です。
美白効果なども期待できることから、肌荒れ改善のみならず、美容目的で使われています。
また、健康にもいいとされており、近年では、健康目的で飲料として取り入れている方も増えている人気の成分です。

このふたつでしょう。
どちらをみても、副作用があるものではありません。

そのほかにも、美肌効果のある成分がたくさん含まれていますが、ヒアルロン酸、アロエベラなど、安全な成分ばかりです。

全成分としましては、
水、BG、グリセリン、アンズ種子エキス、アンズ核油、バチルス発酵物、ハトムギ種子エキス、マルピギアグラブラ果実エキス、オリゴペプチド-24、プラセンタエキス、アスタキサンチン、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、クチナシ果実エキス、ヒアルロン酸Na、アラントイン、トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリエチルヘキサノイン、オクチルドデセス-20、マルトデキストリン、ペンチレングリコール、クエン酸、カルボマー、水酸化Na、PG、エタノール、フェノキシエタノール
です。
こちらを見てもわかる通り、天然由来の成分ばかりですね。
なので、副作用がないのです。

安心して使えますね!

-注意が必要な場合
しかし、アレルギー体質の方はご注意ください。
たとえば、艶つや習慣に配合されているハトムギエキスで小麦アレルギーの症状を誘発してしまうこともあります。
そして、ハトムギエキスだけではなく、ほかの成分でも反応してしまうこともあるので、使用前に必ず全成分をチェックしてくださいね。

また、少量や数回程度では気づかなくても、続けるうちにアレルギーを持っていたことが発覚することもあります。
その場合、使用途中に違和感が生じるかと思います。
もし、肌に違和感が生じたり、発熱などの症状が出た場合は、直ちに使用を中断して、商品を持って皮膚科などを訪れてくださいね。

体質によっては使用を控えられたほうがいいですが、基本的に副作用のない安心してはじめられるスキンケアアイテムです!
安全な艶つや習慣でイボケアしましょう!

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする