艶つや習慣は妊婦も安心して使えるというのは本当?

イボケアに効果的なオールインワンのスキンケアジェル、艶つや習慣なら、妊婦も安心して使えます。
でも、なぜ、大丈夫なの? 赤ちゃんに影響はないの?
調べましたのでみていきましょう。

-妊婦はイボができやすい?
まずは、妊娠すると肌トラブルが起こりやすくなることについて。
それまで肌トラブルとは無縁だった方でも、妊娠すると、肌状態が変わってしまうことがあります。

なぜなら、妊娠すると、体が出産準備に入ります。
たくさんの栄養を赤ちゃんのために使うようになるので、美肌に必要な栄養が足りなくなるため、荒れやすくなってしまうのです。
それに本来、肌へ行き渡るはずの水分が赤ちゃんへ行きますので、水分不足にもなってしまうのです。

また、どうしても運動量が落ちてしまいますので、それもホルモンバランスが乱れる原因になってしまいます。
なので、若い方でも妊娠するとイボやシミができてしまったりすることがあるのです。
妊娠している時期に、ニキビができたり、乾燥が激しくなったりするのも同じ理由です。

妊娠期間中の肌トラブルは、生理前後の症状と非常によく似ています。
一度荒れたら二度と戻らないわけではないのです。
生理が終わると、肌荒れがとまるのと同じで、出産後、授乳期を終え、しばらくすると、生活ペースや体内リズムも元に戻るため、通常は肌トラブルも緩和されていきます。
とは言え、その「しばらく」の間だけでも肌トラブルを抱えているのって辛いものですよね。
中でも、年齢肌の印象が強いイボなんて、かなり気になりますよね。

そこで妊娠期間中でもイボケアできる艶つや習慣に迫ります。

-なぜ艶つや習慣がおすすめなの?
病院で治療することも可能です。
保険が効く範囲内での治療もあります。有名なのは、液体窒素療法でしょう。
非常に低温な液体窒素で焼く、という治療です。

かなりの痛みを伴う上、何度か施術を行う必要があります。
母体がストレスを感じると、赤ちゃんによくないと言いますよね。
痛みによるストレスは可能な限り避けたいところ。

それに、赤ちゃんがお腹にいる状態で何度も通院するのはかなり大変だと思います。

でもでも、艶つや習慣なら自宅でじっくりケアできるので、余計なストレスも感じず、通院の手間も省けるのでおすすめなのです。

-なぜ妊婦が使っても大丈夫なの?
艶つや習慣なら、妊婦が使用しても安全です。
それは、配合されている成分をみてみるとわかるのですが、
アンズ種子エキス、アンズ核油、バチルス発酵物、ハトムギ種子エキス、マルピギアグラブラ果実エキス、プラセンタエキス、アスタキサンチン、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、クチナシ果実エキス、ヒアルロン酸
など、天然由来の成分で作られているからです。安心して使えますね。

全成分が気になる方は公式サイトで確認してくださいね。
また、アレルギーなど体質によっては使用を控えられたほうがいい場合もございます。
ご不明な点があるときは、自己判断なさらずに医師に確認しましょう。

ちなみに、妊婦が使っても安心な艶つや習慣は、イボケアだけじゃないのです。
オールインワンジェルというだけあり、ひとつで化粧水、乳液、美容液、保湿の役割を果たしてくれちゃいます。
妊娠期間中は、なにかと、準備などに追われて、スキンケアに時間を避けないこともあります。
そんなときにも艶つや習慣は便利ですね。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする