艶つや習慣の主要成分はどんなもの?

効果のあるアイテムって、その成分が気になりますよね。
イボケアもできてスキンケアもできちゃう艶つや習慣。
どんな成分がイボに効果がある? どの成分がスキンケアに効果的なの?
艶つや習慣に配合されているものが何なのか気になったのでリサーチしました。
ご覧ください。

-艶つや習慣に配合されている中でイボケアに有効なのはどれ?
「アンズエキス」と「ハトムギエキス」です。

-アンズエキスの効果って?
あんずの種の中にある仁から抽出した成分です。
このアンズエキスは、乾燥した肌に潤いをもたらしてくれます。

乾燥とイボって一見無関係に思えますが、実は、乾燥によって肌がダメージを受けると、ターンオーバーの乱れにつながります。
そうなると、老化にも拍車がかかり、イボ発生を誘発することがあるのです。

潤いって本当、大切ですね。

アンズエキスにはターンオーバーの乱れを改善する脂肪酸パルミトレイン酸が豊富に含まれています。
・バルミトレイン酸
→年齢を重ねるとともに減少してしまいます。足りなくなると、バリア機能が低下してしまいます。

お肌にとって必要な成分ということですね。
アンズエキスでパルミトレイン酸を補うことにより、バリア機能向上、ターンオーバー正常化を期待できるというわけなのです。

-ハトムギエキスの効果って?
ヨクイニンという名前でも知られていいます。
イボケアに高い効果を発揮するとされ、昔からイボ取りの生薬として使われてきました。
ハトムギにはタンパク質やカルシウム、鉄、ビタミンB群、コイクセノライドなどの栄養が大変豊富に含まれています。
それぞれを具体的にみていくと、
・コイクセノライド
→脂肪酸であるコイキセノリドは抗腫瘍作用や抗ウイルス作用を持っています。
イボなどの腫瘍を緩和させ、炎症を和らげてくれるのですね。

・カリウム
→利尿作用があるため、むくみも改善してくれる上、尿とともに毒素も排出されるため、デトックス効果もあります。

・タンパク質
→肌の新陳代謝を向上させる働きがあるため、美肌効果も期待できます。
そもそも肌の老化がイボの大きな原因ですので、肌がその機能を取り戻すとイボ自体も発生しにくくなります。
改善と予防、どちらもできるというわけですね。

・ビタミンB群
→お肌の乾燥を緩和します。
ハトムギのビタミンB群でしっかり乾燥を防いで、肌状態を整えましょう。

-配合されている中でスキンケアに有効なのはどれ?
イボケアだけではなく、スキンケアにも効果的なのが艶つや習慣。
美肌効果が期待できる成分もみていきましょう。

・プラセンタエキス
→アミノ酸とミネラルを豊富に含んでおり、ターンオーバーを円滑に行るようサポートしてくれます。
エイジングケアに期待できます。

・アロエベラ
→鎮静鎮痛・細菌繁殖阻止・酵素活性抑制などの効果を持っていますので、様々な肌トラブルを改善してくれます。
また、保湿力・保水力に長けているため、瑞々しいお肌へと導いてくれます。

・ヒアルロン酸
→加齢とともに減少してしまうのですが、美肌にとっては必要不可欠。
とにかく、保水力がすごいのです。ヒアルロン酸がなくなってしまうと、砂漠肌と言われるガサガサの艶がない肌になってしまうことも。
しっかり補給しておきたいですね。

-まとめ
総合的にみると、ターンオーバーを整えてくれる効果が高いアイテムですね。
ターンオーバーが正常化されると、不要な角質がきちんと排出されるので、イボ予防にもつながります。
艶つや習慣は、角質を徹底ケアしていくことで、イボの症状を緩和させつつ、美肌作りの効果も発揮してくれる、そんなうれしいアイテムなのです。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする