スキンタッグの原因~治し方。詳しく知って防ぎましょう

スキンタッグはイボ? それとも?
肌トラブルのひとつであるスキンタッグ。
できてしまう原因は何なのか、そして、症状、見た目、治し方についてみていきましょう。

-原因
▼肌の老化と体質
皮膚の老化と体質が大きな原因なのですが、30代~40代の中高年から発症しやすいとされています。
肌がダメージを受けやすい人のほうが発症しやすいです。
ダメージを受ける要因は、紫外線を浴びすぎる、アクセサリーや衣服などで摩擦を起こしてしまう、肌の乾燥などがあげられます。
肌はなるべく労わりましょうね。

また、発症した場合、年齢を重ねる毎、さらに増える可能性大です。
というのも、発症しやすい体質(肌質)と言えるからです。

発症させないためにも、紫外線と摩擦は普段から避けたほうがいいですね。

▼遺伝
遺伝が原因であるとも言われています。
家族にイボができやすい体質の方がおられたら、もしかすると遺伝している可能性があります。
とは言え、生活環境などで発生するかしないかが大きく変わってくるので、遺伝に関しては、少し気にとめる程度でいいかと思います。

▼生活習慣によるターンオーバーの乱れ
紫外線などのダメージもあてはまりますが、食生活の乱れやストレスによっても、ターンオーバーが崩れることがあります。
バランスのいい食事と、適度なストレス発散を心がけたいですね。

-特徴・症状
良性のイボです。
痛み、痒みはありません。
首、脇の下、胸、お尻など、皮膚が柔らかくて弱い箇所にできやすいです。
顔にもできることがあります。
そもそも顔の皮膚は弱いですが、中でも、より弱い、まぶたや目の下にできやすいです。

できはじめたときは、薄いシミのようにやや褐色を帯びているだけですが、徐々に盛り上がってきます。

ゆっくりと成長していく上、小さいイボです。
もし、短期間の間に、急激に巨大化した場合は、悪性の癌も考えらえますので、ご注意くださいね。

-見た目
肌色から褐色を帯びているものまでありますが、サイズは1ミリから3ミリ程度です。
もし、これ以上大きくなってしまうと、スキンタッグとは呼ばなくなる場合があります。
基本的に小さなイボのことをさしているのです。

軽度ではありますが、突起していますので、スキンタッグがアクセサリーや服にひっかかったりすることも稀にあります。

-治し方
良性ですし、移るわけではないので、放置しておいても問題はないです。
でもでも、美を追求する方にとっては気になるものですよね。
そんなときは、しっかり治療して治してしまいましょう。

治し方は、
▼液体窒素療法
・病院で行われています(保険適用)
・小さいイボなので、通院回数が少なくてすむかと思います
・痛みあり

▼炭酸ガスレーザー
・美容皮膚科などで行われています(保険適用外)
・ダウンタイムが1ヵ月以上と長め
・1度の施術でほぼ完治する

▼ハサミやメス使用
・皮膚科などで行われています(保険適用)
。ハサミやメスで幹部を切り取ります
・少し痛みが生じます
※もしかしたら、スキンタッグではなく、ウイルス性のイボかもしれませんし、怪我などの危険性もあるのでご自身で行わないでくださいね。
保険が効くので皮膚科へ行きましょう!

▼ヨクイニン摂取
・漢方なら病院でも処方されますし、ドラッグストアなどで購入することも可能です
・サプリメントや飲料、食材からも摂取可能
・効果があらわれるまでに時間がかかる

▼スキンケアアイテム
・感染しないので、時間をかけて、ゆっくり治してもいいと思われる方は、スキンケアアイテムの使用がおすすめです。
化粧水、乳液、保湿の役目まで担ってくれるタイプのものもありますので、これまでのスキンケアと同じような感覚で使えます。

肌への思いやりを忘れず、できるだけ負荷をかけないようにして、スキンタッグを防ぎましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする