老人性イボってどんな特徴?どうやって治したらいい?

老人性イボ。名前からして、肌の衰えを感じるようなイボですが、どんなものなのでしょうか。
そして、もし、できてしまったら、どうすればいいのでしょうか?

原因や治し方についてリサーチしましたのでご覧ください。

-老人性イボとは?
脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)であり、「老人性いぼ」「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」とも呼ばれています。

-原因
肌が老化することが原因ですが、早い方だと20代や30代でも発生してしまいます。
80代の方では、ほとんどの方に発生しているとも言われています。

老化してしまう原因は様々ですが、多いのが、
・乾燥
→皮膚の表面が乾燥してしまうことにより、代謝が落ちてしまい、不要な角質を剥がし落とせなくなります。
新陳代謝が活発ではなくなると、どんどん皮膚の老化が進んでしまうのです。

・紫外線
→大量の紫外線を浴びることにより、メラニンの過剰生成や、ターンオーバーの乱れを引き起こし、皮膚を老化させてしまいます。
また、毎日、少量の紫外線を浴びているだけだとしても、ダメージが蓄積されていたり、代謝が少し落ちたタイミングで、影響を及ぼす可能性もあります。

・摩擦
→衣服などが皮膚に当たったり、手でこすってしまったりすることによって、摩擦が生じ、肌へダメージを与えます。
そのダメージが蓄積され、やがて、ターンオーバーの機能を低下させたり、サイクルを乱したりすることがあります。

です。

いずれも共通しているのは、新陳代謝が乱れることですね。
代謝が落ちてしまうと、役目を終えて不要となった角質が溜まっていってしまいます。
そして、やがて、イボになってあらわれてしまうのです。

-特徴・症状
良性腫瘍のひとつです。
特に痛みや痒みなどの症状はありませんが、まれに、痒みを生じることもあります。
しかし、老人性イボだと思っていても、実は皮膚癌や悪性の腫瘍である場合もございますので、大きくなりすぎていたり、痛みを感じるようでしたら、速やかに皮膚科などで診断を受けられることをおすすめいたします。

できやすい場所としては、紫外線を受けやすい顔や首です。

-見た目
色は、肌と同じくらいの色から淡い褐色、黒色まで様々です。
そして、形も平らなものから隆起しているものまであります。
仲には平らで黒色だったりするので、ホクロのように見えるものもあります。
なかなか、これは老人性イボだ、と素人では判断がつきにくい場合が多いでしょう。

-治し方
美容クリニックや皮膚科で行われている治療もございます。
・液体窒素療法
<メリット>
保険適用
<デメリット>
痛みがある、何度も通院する必要がある、ダウンタイムあり

・炭酸ガスレーザー治療
<メリット>
一度で完治する可能性が高い、麻酔を施してもらえる場合がほとんどなので痛みがない
<デメリット>
保険適用外、経過観察のため通院の可能性がある、ダウンタイムあり

そのほかにも、幹部を切除する方法などございますが、痛みを伴いますし、一時的にではありますが、傷になるわけですから術後のケアも手間がかかります。

・漢方(ヨクイニン)
<メリット>
保険適用、痛みがない、どれくらい処方してもらえるかによりますが通院回数が少ない(処方してもらいたいときだけでOK)
<デメリット>
漢方なので、薬とは違ってすぐに効果があらわれるわけではないです。
いつ効果があらわれるかわからないまま飲み続ける必要があります。
目安としては半年程度とされています。
また、漢方は喫煙や飲酒を控えたほうが効くとされているため、場合によっては生活習慣を見直す必要もあるかもしれません。

自宅で手軽にできるケア
・ヨクイニンなどイボケアに有効とされている成分を含んだスキンケア
<メリット>
商品によってはかなりお安く手に入ることもあります。
また、保湿なども行ってくれるオールインワンタイプを選ぶと、普段のスキンケア感覚でイボ改善もはかれます。
<デメリット>
角質ケアによりイボを改善するタイプがほとんどなので、ターンオーバーの関係上、3ヵ月以上の継続使用が必要。
しかし、スキンケア感覚でできるなら、特に気にならず続けられるかと思います。

・ヨクイニンのサプリメントや飲料
<メリット>
コンビニやスーパーでも販売されていたりするので、入手しやすいです。
<デメリット>
配合量にもよりますが、漢方よりも効き目がゆるやかな場合が多いので、効果を感じるまでに時間がとてもかかります。

-老人性イボを作らないため、そして肌を若々しい状態に保つためにも、心がけたいこと3つ。
・紫外線対策
・摩擦を軽減
・生活習慣を正して体の内側からもケアする

イボのない肌を手に入れて、若々しい見た目をキープしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする