何が原因で顔のイボができてしまうの? 調べました

顔のイボがあると、そこへ目がいってしまいがち。
老け顔になるだけではなく、顔の印象を変えてしまいかねませんよね。
メイクで隠すにしても、一苦労です。

顔のイボができる原因を知って、対策や予防をとれればいいのですが……。

というわけで、顔のイボができる原因について詳しくリサーチしましたのでご覧ください。

-紫外線
これは最も大きな原因ではないでしょうか。

通常は、多少であれば紫外線を受けても平気です。
というのも、メラニンが生成され、紫外線を吸着して、体外へと排出してくれるからです。

ところが、浴びる量が多いと、メラニンが過剰生成されてしまい、一度のターンオーバーで排出しきれなくなってしまいます。
そもそも、紫外線によって肌がダメージを受けているので、ターンオーバーも乱れやすくなっている中、メラニンの過剰生成が行われてしまうのです。
排出できる量が少なくなってしまったり、あるいは、ターンオーバーが正常なサイクルで行われなくなる可能性もあります。

そうなると、メラニンが角質とともにどんどん蓄積されていき、やがて、イボになります。
しかも、顔は皮膚がやわらかい箇所ですので、イボができやすいのです。

紫外線は、顔のイボのみならず、シミやニキビなど様々な肌トラブルの元です。
日焼け止めなどのUV対策アイテムを使用して、きっちり防ぎましょうね。

-摩擦
摩擦による刺激で、肌がダメージを受けると、ターンオーバーのリズムが崩れてしまい、不要となった角質が蓄積されやすくなります。
少しくらいはダメージを受けても、細胞には再生する力があるので、問題なかったりします。
しかし、長年ダメージを受け続けると、次第に再生の速度が、ダメージの速度に追いつかなくなり、修復できなくなってしまうのです。
そうなってしまうと、ダメージが蓄積されていくのですね。

摩擦を起こしてしまう原因としては、
・衣服や寝具で擦ってしまう
→やらわかい素材を選びましょう。
また、やわらかくても肌に合わず、刺激を感じると思った素材は避けましょう。

・洗顔やスキンケアのときに、強く擦ってしまう
→よかれと思って行う顔のマッサージも要注意ですね。
などがあげられます。

なるべく、肌には触れずに、触れるとしても刺激を与えないよう徹底しましょう。

-加齢
肌の老化も、紫外線と同じくらい多い原因ではないでしょうか。
顔のイボと言えば、どうしても、高齢の方に発症しているイメージですよね。
でも、それは単なるイメージではありません。
実際に、年齢を重ねることにより、肌の様々な機能が低下するため、イボが発生しやすくなってしまうのです。

たとえば、肌を乾燥から守り、ハリや艶を与えてくれるコラーゲン。これは30代くらいから、減少します。
ヒアルロン酸についても同じことが言えます。そのほかにも、肌を若々しく保つのに必要な成分が年齢とともにみるみる減少していくのです。
そこへ加えて、ターンオーバーの周期も長くなる、ときています。

必要な成分がなくなり、プロテクト機能が衰えている中、新陳代謝が活発ではなくなると、不要な角質やメラニンが排出されない可能性が高まります。

とはいえ、加齢を止めることはできませんよね。
老化を少しでも防ぐには、若々しく保つために必要な成分をスキンケアアイテムやサプリメントなどで補うことをおすすめいたします。

-乾燥
乾燥も顔にイボをつくる原因となることがあります。
皮膚が乾燥していること自体、肌にとってダメージなのです。
乾燥が続いた場合もターンオーバーを乱してしまいます。

加湿器や保湿クリームなどのアイテムをうまく使って、潤いを保ちたいですね。

-ストレス
ストレスを感じていると、血流が悪くなってしまいます。
体が緊張状態に陥るからです。

顔イボのみならず、ニキビの元にもなるので、適度に発散しましょう。
ため込んでから発散するよりは、1日のうち、少しだけでもリラックスできる時間を作るのがいいかと思います。

-生活習慣
生活習慣で気をつけたいのは、食事と睡眠です。
偏った食生活を続けていると、内臓に負荷がかかってしまい、ターンオーバーが乱れることがあります。

また、ターンオーバーにおいて重要な役割を担うのが成長ホルモンと呼ばれるホルモンなのですが、主に眠っている間に脳から分泌されます。
そのため、睡眠時間が足りないと、分泌量も落ちてしまうのです。

早寝早起が望ましいのですが、仕事の関係などで難しいこともありますよね。
そんな時でも、できるだけ、同じ時間に寝て、同じ時間に起きるよう心がけましょう。

どうしても不規則な生活を避けられない場合は、とにかく、しっかり6~8時間は寝るようにしましょう。

以上、顔のイボができる原因でした。予防と対策をとりましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする